「N'sアロマオフィス」福岡

「無添加化粧品」と「自然派化粧品」の違い

コスメ成分

無添加化粧品、自然派化粧品 というものがあり、非常に分かりにくですね。
どちらがどうなのか、違いをお話しします。

 

まず、そもそもどうして「無添加化粧品」、「自然派化粧品」が出てきたのか考えてみましょう。

現在販売されている多くの化粧品には、最先端のケミカルやテクノロジーを駆使したものを求める人と、植物中心の伝統的なものを求める人に分かれているようです。

 

お肌のトラブルで悩む女性が増えてきています。
特に乾燥が原因で、さまざまなお肌のトラブルになっている女性が多くいます。

その後者の方たちをターゲットにし、注目して作られた商品が「無添加化粧品」、「自然派化粧品」となるわけです。

この方たちは、安全・安心なものを使いたいという人たちでもあります。

しかし、この「無添加化粧品」、「自然派化粧品」というのが非常に分かりにくいです。

「無添加化粧品」、「自然派化粧品」はどちらも同じと思っていませんか?

実は違うのです。

まず、「無添加化粧品」というと合成成分が全く入っていない添加されていないという風に思いがちですが、実は違います。

1980年(当時の厚生)がアレルギーの危険性があると指定した成分を抜いた製品を「無添加化粧品」と言います。
[102の表示指定成分と言い、今は旧指定成分と言います]

しかし、その102の成分以外にも肌のトラブルを起こしやすい合成成分があります。

「無添加化粧品」とは、102の旧指定成分を使用しては名乗れません。

なので使用しないのです。

代わりに、他の合成成分を使用しています。

たとえば、102の指定成分の中には、皆さん目の敵にされている合成防腐剤のパラベンがありますが、パラベンを使用せず代わりにフェノキシエタノールを使用していたりします。

フェノキシエタノールはパラベン(質によります)よりも毒性が強いものもあります。

他にも、お肌のトラブルになりそうなものや、合成成分が一切入っていないということではありません。

次は、「自然派化粧品」を見てみましょう。
「自然派」というからには、天然のもの、植物で作られた化粧品のように思えますよね。

しかし、違います。

植物から抽出したエキスを多く使用して作られた化粧品ではありますが・・・・

しかし、成分表をきちんと見てもらうと分かるのですが、植物エキスはごくごく少量であったり、そのエキスを抽出した溶剤が石油系であることが殆どです

大切なことは、「無添加化粧品」、「自然派化粧品」というコピーや、キャッチフレーズのイメージに踊らされるのではなく、きちんと裏の成分表も読んで判断することです。

よく分からないカタカナが多くついていたりするものは石油由来のものだと判断してください。

その成分についてなどは、おいおいこちらに書いて参ります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top