「N'sアロマオフィス」福岡

アミノ酸系の「アミノ酸」とは?

アミノ酸系と言われる、シャンプー、洗顔料フォーム、ボディーソープなどがあります。

どれも、髪の毛や、お肌やに優しいというキャッチフレーズで販売されていますよね。

アミノ酸系シャンプーって?

アミノ酸系シャンプーって?

アミノ酸系シャンプーの「アミノ」と言われている成分を見てみましょう。

・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウラミドプロピルベタイン
・パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

などとという表記がされています。

 

が、それは・・・・新しい 合成界面活性剤 です。

ラウラミドプロピルベタイン、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインなどは、
ベビー向けのシャンプーにも多く使用されていますが・・・

その理由は「目に入っても刺激が少ないから」です(*_*;

・ラウロイルメチルアラニンNa、・ココイルグルタミン酸TEA、・ラウラミドプロピルベタイン・パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは、他の界面活性剤との混合が容易にできることから、リンス・イン・シャンプーやポンプ式のボディーソープなど多くのものに配合されるようになりました。

植物由来の原料から出来ているので分解性も高くお肌にも優しいと言われています。

が、洗い流してもヌルヌル感が残ります。

このヌルヌル感が、潤い成分やマイルドである証拠だと思われるようですが、このヌルヌル感が、痒みやアレルギーを起こす原因となります。

意識してよく洗い流せば安心とする人もいますが、合成界面活性剤であることに変わりはないです。

特にアミノ酸系は人間の体の中にあるアミノ酸でもあることで、
かえって、使い続けた場合、将来やっかいな作用を起こし、乾燥やアレルギーになる不安も残ります

原料会社の専門家も「すすぎ不足による痒み症状が出やすいので意識的にしっかりすすぐこと」と述べています。

多くの皆さんがショックかもしれませんが、真実を知って選択するのに役立ててください!

Return Top